比較サイト

アフィリエイトサイト・アドセンスサイト専門の制作代行/個人向けホームページ格安提供サービスサイト/アットサイトハニー

アフィリエイトサイト制作代行/個人向け格安提供サイト

初心者アフィリエイターの幻想

アフィリエイトを始めたらすぐに報酬がもらえると思っていませんか?

お問い合わせで一番多いのが、アフィリエイト初心者さんからのご質問で「毎月どのくらいの利益が見込めますか?」というもの。毎月の生活費に余裕がなく、少しでも収益を増やしたいが、アルバイトをする暇がないので、アフィリエイトで稼ぎたいと思っている。子供が小さくて働きに出られないので、アフィリエイトで毎月収益を得たい。ニートでもアフィリエイトをすれば稼げると聞いたなど。 初心者さんの心の中には、アフィリエイトとはまだまだ「お小遣い稼ぎ」感覚であり、<広告ビジネス>であるという認識が低いです。お小遣い稼ぎのサイトや、副業サイトなどの影響により、【ネットで簡単に稼ぐならアフィリエイトが良い】と思い込んでいる方も多いですが、それは大きな勘違い。

誰にでも簡単に始められるものではありますが、誰にでも稼げるわけではありません。

利益を得られるようになるためには、それなりの努力と、長い月日と、知識が必要。アフィリエイトとは、今日始めたから明日から稼げる、来月から収入がある、という代物ではないのです。 アフィリエイトを始めたら、翌月からすぐに利益が出始めて、半年で月収30万円達成しました!などというサイトがあまりに多いため、ついつい「簡単に稼げる」というイメージを抱いてしまいますが、例えば超がつくほど有名で人気の「アフィリエイト塾」でも、実際に満足できるほどの利益が出せるようになる塾生は8%未満なのだそうです。100人挑戦しても、8人未満しか成功できないということ。

実際に利益が出せている人の方法を隅々までマネても、全員が同じように利益を出せるわけではありません。だからこそ、今、生活が苦しいときを乗り切るための方法として、アフィリエイトを選ぶことはおすすめ出来ないのです。それは、やれば利益が出るという、確実性の高いものではないため。アフィリエイトは確かに<広告ビジネス>ではありますが、私は株やギャンブルに似たところがあると考えているくらいです。それくらい確実性が低いということ。

どうしてすぐに結果が出ないの?

今日サイトを作って公開したからと言って、そのサイトがすぐに検索して探せるようになるわけではありません。検索エンジンに新しいサイトが出来たことを認識してもらうためには、まず2~3ヶ月かかります。 やっと認識されても、最初は検索順位が低いですから、多くの人の目にはとまりません。つまりアクセが少なく、収益も少ないというわけです。

時間が経つにつれ、外部SEO対策などの成果をあらわれ、徐々にアクセスが集まるようになるのは3ヶ月目以降。収入が発生するようになるのは半年後あたりからとお考えください。 すでに3年、5年、10年以上とサイトを運営していらっしゃる方々がたくさんいる世界ですから、いきなりその人たちの信頼あるサイトを差し置いて、上位表示されたり、アクセスがどんどん集まったりするはずがありません。 検索エンジンからの信頼を得るには時間と努力が必要なので、即効性がなく、結果が出るのが遅いのです。

アフィリエイトサイト作成・制作代行 @サイト82

たった1つのサイトに執着しないこと!

初心者さんに多いのは、1つのサイトに執着し、1つのサイトで多くの利益を得ようと考えることです。月に数万円、数十万円の利益を出すためには、よほどアクセスを集めなければ達成できませんし、どんどん頁を追加して更新を行ったり、SNS機能を付ける、掲示板を付けるなどのして、人が集まりやすい環境を作る必要が出てきます。勿論、人気が出るには情報が確かで、内容が濃く、読みやすい文章であることも重要ですよね。 しかし、最初からどんどんアクセスが集まるようなキーワードを探し当てることは出来ませんし、ページ数を増やすには自力でも依頼でも月日がかかるもの。あるいはお金がかかります。どんなにお金をかけたところで、必ず利益が得られるサイトになるわけではないので、サイトの運営が赤字になることも多々あります。

アフィリエイトサイト作成・制作代行 @サイト82

まずは複数のサイトを運営することを、最初から計画しておくことです。そして、ジャンルが似ているサイトをリンクで繋いで、お互いのサイトの信用性を高めること。勿論、被リンクサービスを利用したり、SEO業者に依頼することも方法のうちですが、アフィリエイトを長く継続して行うことを考えると、SEO費をいかにして節約するかがポイントになってきます。自分が運営しているサイトを利用し、足りない部分を業者に補ってもらうのであれば、対策費用はより安く済みますよね。メインとなるサイトと、サテライトとなるサブサイトについて、しっかり考えをまとめておきましょう。


ページのトップへ