若者文化

アフィリエイトサイト・アドセンスサイト専門の制作代行/個人向けホームページ格安提供サービスサイト/アットサイトハニー

アフィリエイトサイト制作代行/個人向け格安提供サイト

アドセンスが何か、正しく理解していますか?

サイトにアドセンス広告を張り付け、サイトに訪れたユーザーがそれをクリックすると、サイト運営者に報酬が発生するというアフィリエイトサービスであることは、誰もが知っていることだと思います。しかしここで勘違いしてはいけないのが、サイト運営者に利益を与えるために存在しているサービスではなく、あくまでも広告主に利益を与えるためのサービスであるという点。

より多く広告をクリックしてもらえれば、それだけ収入になるわけですから、サイトを運営するにあたって「いかに広告をクリックしてもらうか」を考えることが重要だと言っている人も多いですね。クリック率を上げるには、こんな工夫をすればいい!あるいは、もともとクリック単価の高いジャンルを選んでサイトを制作すればいいんだ!さらには、サイトの記事内容で情報の核心に触れないようにすることで、ユーザーの「情報を得たい!」という思いを強くすれば、広告のクリック率が上がりますよ!などと言う人もいるようです。確かに一理あるな、とは思います。

しかしアドセンスにて表示される広告は、何もかも機械が自動的に表示しているわけではありませんし、実際に広告をクリックするのも機械ではありません。当たり前のことですが、どちらも人間が行うものです。 どんなにクリック率が良い場所に広告を掲載しても、表示される広告の見栄えが悪かったり、魅力的でなければクリックされることはありません。つまりどんなにサイト運営者が工夫をしても、クリック率が必ず高くなるわけでないということ。 また、経費削減を考えずにどんどん広告費にお金をつぎ込む企業でない限り、常に広告を一定のクリック単価で出稿しているはずがなく、安定して広告単価が高いジャンルなど、実は存在しないのが現実であること。そして、情報の薄いサイトでは、広告がクリックされるどころか、直帰率の方が高くなると言うこと。この点を、よくご理解いただきたいです。

数字を追いすぎてはいけません。あくまでも人を追うべきです。

クリック率やクリック単価は確かに大事ですが、良い広告が表示されればクリック率は自然と高くなりますし、企業同士の競合性が高まったり、企業側の事情でサイトにアクセスを集めたい!と思う時期があれば、クリック単価も自然と上がるものです(金額を高く設定するほど、広告の露出度が増えるため)。 しかし広告の質を上げたり、広告主にキャンペーンを行わせたり、またはそれぞれの競合性を高めることは、私たちには出来ませんよね。

広告のクリック回数が多くなるほど、収益が増えるわけですから、誰だってたくさんクリックされるように工夫したいと考えると思います。 また、実際に広告を目立たないところに貼るよりも、目立つところに貼る方がクリック率は上がります。 しかしその<クリック率>という数字ばかりを追うことには限界があります。出来ることは限られていますからね。 では、何を工夫すれば良いかと言うと、やはり継続的に安定したアクセス数を集められる工夫をするのが一番ではないでしょうか。 地道にコツコツきちんと運営しているサイトというのは、やはり寿命が長いですし、月日が経つほどキーワードを拾ってくれるようになります。 長く愛されるサイトを運営することが、長い目で見ると一番利益率が高くなる方法ではないでしょうか。

効率化、効率化と言われていますが、ネット上には常に似たようなサイトがひしめき合っています。太く短くよりも、細く長く利益を得ることを考えて、粘り強く取り組んでほしいと思います。少なくとも半年に1回は更新(ページ増)を行うこと。また、業者に頼るだけのSEO対策よりも、自分で管理が出来る、一番安上がりな方法での対策を考えていくこと。この二つが、運営のキーポイントになるのではないでしょうか。

ライバルに勝つための戦略について

ライバルサイトよりも良いサイトにしたい!そして検索ワードで1位になりたい!……そう考えているのは、あなただけではありません。 当方へ制作を依頼してくる多くのお客様が、同じことを考えています。つまり、例えば検索ワードで1位を獲得できたとしても、それを長く維持することは難しいということ。 強敵は次から次に現れるので、1位を維持するためには更新作業を頻繁に行うこと、どんどんページを増やしていくこと、外部SEOを徹底的に行う必要が出てきます。 掲示板をつける、SNS機能をつける、メルマガを発行するなどのバージョンアップも必要になってくるでしょうし、上を目指すほどにお金がかかるわけです。

まずはビックワードで上位を目指さないこと。これは大事なことだと思います。 その代り、出来るだけ多くのスモールワードでアクセスを集めることを意識すること。 1つのビックワードで上位になることが難しくても、100個のスモールワードで1位になれるのであれば、その方が断然アクセスを集めることができます。 また、スモールワードを狙う方が、上位表示が簡単である、更新作業を頻繁に行わなくても良い、ライバルが少ないという利点も大いに活用できます。 確かにビックワードで上位になる方がアクセスも利益も大きいですが、可能性が低いを目標を立てることはおすすめできません。 勝負したい!と思う精神や意欲は理解できますが、それが無茶や無謀にならないように注意してください。

ページのトップへ