デジタルエコノミー

アフィリエイトサイト・アドセンスサイト専門の制作代行/個人向けホームページ格安提供サービスサイト/アットサイトハニー

HOME

無料ブログで利益を出すことはできますか?

利益を出すためにはアクセスを集めなければいけません。これは無料ブログであろうと、ホームページであろうと変わりないことなのですが、ホームページと違ってブログは記事の整理が難しく、ユーザー側としてはとても見にくいことが難点です。確かにカテゴリーで記事を分けることはできますが、例えばダイエットカテゴリーの中の、酵素ダイエットの記事だけ読みたい!と思っても、その記事を探すためにユーザーはとても苦労をします。無料ブログの方が、ホームページよりもアクセスが集まりやすいという利点はありますが、ホームページよりも利益に繋がりにくいという欠点もあるのです。そのため、多くの利益を出そうと考えるならば、膨大なアクセスを集める必要性が出てきます。

アドセンスでも、ブログの方が、ページビュー数に比べてクリック率が少ないです。ホームページではクリック率が2~3%を維持できますが、ブログでは0.5%以下が普通です。つまり無料ブログで多くの利益を得ようと考えるなら、よほど良い記事を毎日投稿し、画像などもどんどん掲載して、人気サイトにならなければいけません。無料ブログでアフィリエイトすることは、方法としてはとても簡単ですが、大きな利益を得ようとすると、ホームページを運営するのと同じくらいか、もしくはそれ以上の労力が必要だということ。何事も簡単ではありません。

無料で利益を得る方法とは?

無料ブログをいくつも運営し、毎月数十万円の利益を出しています!という人をよく見かけますよね。上記でもご紹介した通り、ブログで利益を出すためには膨大なアクセスを集める必要があります。では、そのアクセスをどうやって集めるかと言うと、とにかく記事を書くことが重要。それも、無暗やたらとテキトーな記事を書くのではなく、キーワードを意識したものをどんどん書くのです。 私が一番最初に挑戦したアフィリエイトがコレでした。スターバックスが大好きだったので、楽天で販売しているスターバックスのタンブラーや、面白い、可愛い、カッコイイタンブラーを1日に20個以上紹介する記事を書き続けるという方法です。タンブラーだけでは商品が足りなくて、マイボトル、マイボトルケース、お弁当箱、お弁当風呂敷、お弁当バックなども含めました。

無料ブログの強みはとにかくインデックスが早いこと。

1日20記事(600文字程度)を、半泣きで毎日書き続け(笑)たところ、始めて報酬が上がったのが1週間程度経ってから。最初は1980円のタンブラーが1つ売れて、19円という報酬だったことをよく覚えています(楽天なので正確には19ポイント)。最初は1週間に1回、これくらいの報酬が上がる程度でした。しかし記事数が1000記事に達したあたりから、毎日商品が2~3個売れて50円ほどの報酬が入るようになり、2000記事を超えたときには、1日平均180円の報酬が得られるようになっていました。 これでやっと月5000円。それでも初めてのアフィリエイトだったので、とても嬉しかったです。

無料ブログは記事を投稿したあと、早くて数分、遅くても1日でページがインデックスされます。通常のホームページでは、新しいページのインデックスに2~3週間はかかりますから、驚異的な速さだと言えますね。 だからこそ、2000記事と言うページ数が、どんどん露出されるようになり、アクセスが集まるようになったわけです。更新を止めた途端に、アクセスは4分の1まで落ち込んでしまいましたが、あのまま記事を書き続けていたら、月に1万円も夢ではなかったと思っています。作業量は膨大ですが、積み重ねていくことで徐々に軽減できますし、最終的には1日1記事でも充分になるでしょう。

無料ブログでの記事の書き方とは?

私は紹介していたタンブラーやお弁当箱を、実際に使ったことがあって、詳しく紹介記事が書けたわけではありません。 例えば色を見て「こんな人に似合いそう」とか、「こんなシーンで使いたい」と言ったり。 形を見て「●●に似ている」と面白く紹介したり。柄や模様で、季節によって使い分けることをすすめたり。 お弁当箱のここには、何を詰める……など、中身のメニューについて提案する内容にしたり。他の商品と大きさを比べたり。そんな記事ばかりでした。

実際に使ったことがなかったので、しっかり商品を紹介する、おすすめすることが出来ませんでしたが、その分、 記事を読んだ人が、商品に対して良い印象を持つような記事を心がけました。 恋愛運や金運がアップするかも?とか、青空の下で使いたいね!とか、ハッピーな気分になれるよう情景を含めて。 これが「正しい方法」だと言っているわけではなく、記事を書くことは「難しいことではない」ということを言いたいのです。 記事をたくさん書いていると、どんな内容の記事にアクセスが集まりやすいか、すぐに分析できるようになるので、その後のアフィリエイトにも充分活かせるようになります。アフィリエイトの技術とは、このようにして地道に培っていくものだと、私は考えています。

ページのトップへ